読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静かな東京ドリーム学園

こんにちは!東京ドリーム学園で国際的に活躍しましょう。


1月ももう終わりが近づいてきました。

この間お正月だったと思ったらもう1ヶ月。早いものですね。

イベントがしばらくないので東京ドリーム学園も静かです。

しかし2月になれば、うわついた生徒たちの姿が見られるのではないかと、ひそかに楽しみにしています。


そうです。バレンタインです!

日本では、女の子が男の子に愛を告白する日ですね。

しかし東京ドリーム学園では違うんです。

基本的には「恋人たちの日」。

国によっては「男の子が女の子に愛を告白する日」なんですよ。

日本ではチョコレートを贈りますが、アジア圏では花が主流です。

バレンタインデーは花屋さんが大盛況なのだそうです。


さあ、今年は東京ドリーム学園のみなさんはどんな感じでバレンタインデーを過ごすのでしょうか。

気になるところです!

カップルじゃない人たちもたくさんいますからね。

もしかしたらドラマのようなことが起こるのかもしれませんね!

花束を渡しながら、愛の告白。

日本だと少し恥ずかしい感じがしますが、アジアではスタンダードなことなのかもしれないですね。


そういえば、アジアの観光客の方たちは、写真を撮るとき思いきりポージングしますよね。

モデル並みのポージングをサラッとしていて驚いたことがあります。

あれがスタンダードなのでしょう。

せっかくの写真、いい感じで撮りたいですもんね。

日本だと他の人の視線が異様に気になるので、無難におさめる人が多いです。

他人の目が気にならないというのはいいことです!

見習うところがありますね。異文化交流は楽しいです。


それにしても、どうして日本のバレンタインは「女の子から男の子」へ贈るんでしょうね。

一般的にプロポーズなどの一大イベントは、男からするのが定着していますが、そんな日本の伝統に反するかのような女子主導イベント。

なんだか気になってしまったので、今度調べようと思います。

チョコレートを贈るあたりは、例によって企業の戦略がからんできそうですが、「なぜ女が告白するのか」。

この件について調べてみようと思います!